シリコンフォトニクス  (SiPho)

データセンターの相互接続アプリケーション向け量産用ファンドリプラットフォーム

タワーセミコンダクターの、PH18 シリコンフォトニクスファウンドリプロセスは、oバンドとcバンドのデータセンター相互接続市場の需要に対応するよう設計されています。このプラットフォームは米国カリフォルニア州ニューポートビーチにあるタワーセミコンダクターの200mm工場で提供可能です。 低コストで迅速な試作品は、便利なマルチプロジェクトウェハシャトルサービス(MPW)でご利用いただけます。

タワーセミコンダクターの「オープン」プラットフォームは、特定のお客様や少量試作に限定される他の「クローズド」プロセスと異なり、すべてのお客様に提供可能です。タワーセミコンダクターの業界最先端の設計プラットフォームは、光ネットワークとデータセンターの相互接続アプリケーションをターゲットにしています。このSiPhoプロセスは、拡大するデータ通信市場において高速電子デバイスに加えて光学コンポーネントを提供することで、当社のSiGe BiCMOSプロセスを補完し、より完全なソリューションを提供します。

プラットフォームの特徴: 

  • シリコンおよび窒化シリコン導波路
  • ゲルマニウム光検出器
  • PINダイオードを用いた位相シフタとMach-Zehnder型変調器(MZM)
  • 標準のCMOS互換バックエンド配線
  • CadenceのファンドリPDK

Silicon Photonics対象市場