MEDIA ROOM

Press Releases | Company Info | Images | Videos | Branding | Media Contacts

Press Releases

タワージャズと韓国電気研究院(KERI)がタワージャズの先端0.18um SOIパワープラットフォームでゲートドライバICの試作開始を発表

Home » Press Releases *2018 年 12 月 3 日に発表されたプレスリリースの抄訳です タワージャズと韓国電気研究院(KERI)がタワージャズの先端0.18um SOIパワープラットフォームでゲートドライバICの試作開始を発表 白物家電、電気自動車用アプリケーション向けSiC MOSFET専用の高温、高電圧ゲートドライバIC イスラエル、 ミグダル ハエメクおよび韓国、チャンウォン、2018年12月3日 – グローバルスペシャルティファンドリリーダーのタワージャズは本日、先端技術を用いてパワーおよびエネルギー分野のICやシステム開発を専門とする韓国の政府研究機関である韓国電気研究院(KERI)が、タワージャズの先進のパワーSOI 0.18umプラットフォームを用いたゲートドライバICの試作を開始したことを発表しました。これらのゲートドライバICは、高い電力効率と高い電力密度を伴う電力変換器やインバータが必要な、白物家電、電気自動車などの高温、高電圧用途に適しています。 KERIのゲートドライバICは、高速動作(500kHz)と新たに追加されたショート保護機能を実現したことで、IGBT/SiC MOSFET製品よりも効率的なソリューションになると期待されています。 KERIは単一SiC MOSFETの試作品を完成させ、SiC MOSFETとゲートドライバICの両方を最適化したセットとして提供することでお客様に利点をもたらすことができると期待しています。 タワージャズの200V パワーSOI

Read More »
TowerJazz Laddertech

レダーテックが次世代車載向けLiDARにタワージャズの0.18um CIS SPAD技術を採用

Home » Press Releases *2018 年11 月6日に発表されたプレスリリースの抄訳です レダーテックが次世代車載向けLiDARにタワージャズの0.18um CIS SPAD技術を採用 CMOS、CIS、SPADを一チップに統合し、自動運転やADAS分野のお客様に高いパフォーマンスを提供しつつシリコンやコストを削減 イスラエル ミグダルハエメク およびカナダ ケベックシティ、2018年11月6日 – グローバルスペシャルティファンドリリーダーのタワージャズと、拡張性に優れ、使いやすい車載用LiDAR(光検出および測距)開発プラットフォームの業界リーダーであるレダーテックは本日、CMOS、イメージセンサ、SPADを同一チップ上で組み合わせたタワージャズの0.18um CMOSイメージセンサ(CIS)SPAD(単一光子アバランシェフォトダイオード)プロセスがレダーテックの次世代車載向けLiDARソリューションに採用されたことを発表しました。タワージャズのプロセスは高PDE(光子検出効率)、高温にも対応する低DCR(暗計数率)、超低ジッタというクラス最高レベルの性能指数を可能にし、世界で最も優れた組み込みSPADを実現します。 タワージャズの0.18um CIS SPADプラットフォームは卓越した性能指数を有する統合ソリューションを提供します。そのPDEは市場における主要なスタンドアロンのSPADと同等あるいはさらに優れています。また、DCRは60℃で100Hz未満、100℃でも1kHz未満で(特に車載アプリケーションに有効)、ジッタは1ナノ秒未満です。この優れたプラットフォームはシリコンの節約にもなり、結果として量産コストを削減します。 レダーテックのLiDARソリューションによって自動車にアクティブセーフティシステムと半自律運転機能を備えることができ、完全な自動運転への道を開きます。LiDARは、レーダーの原理に基づいて動作するもののレーザーによる光を利用する検知システムで、遠距離でも高解像度での検出が可能なため自動運転に不可欠なものと考えられています。調査会社のIHS Markitによれば、車載向けLiDAR半導体の市場規模は2026年には18億ドルに達し、2018年から2026年までの年間平均成長率は37%になると予測しています。レダーテックのSoCはTier1ベンダーが極めて競争力の高い価格で量産することが可能であり、OEM各社の要件に合わせてカスタマイズされたLiDARシステムを供給します。 タワージャズはマーケットリーダーとの緊密なパートナーシップやロードマップのすり合わせ、そして世界レベルのグローバルカスタマーサービスを通じて開発されるクラス最高のテクノロジーソリューションを提供し、ADASや自動運転の要件を満たすために必要な車載向け半導体コンテンツの急速な拡大に対応しています。常にお客様に柔軟な供給や生産能力を提供できるよう、タワージャズは主要なプロセスについては地理的に離れた少なくとも2つの工場で品質認証を取得しています。 レダーテックの社長兼COOであるFrantz Saintellemy氏は次のように述べています。「当社がタワージャズを選択した理由は技術的知識の深さ、柔軟性の高さ、カスタマイズ能力、そして最高の組み込み技術を有しているからです。タワージャズとの密接な連携によって当社はより迅速にLiDARプラットフォームを市場に投入し、差別化された優れた車載向けLiDAR機能を開発しようというTier1企業に対して他にはない価値ある提案をすることができます」

Read More »
Alpine Optoelectronics Produces 400G PAM4 nCP4™ SiPho Optical Engine on Tower Semiconductor Technology
2020

Alpine Optoelectronics、タワーセミコンダクターの技術で400G PAM4nCP4™ SiPho 光学エンジンを製造

Home » Press Releases ※本リリースは2020年12 月29 日に発表されたリリースを翻訳したものです Alpine Optoelectronics、タワーセミコンダクターの技術で400G PAM4nCP4™ SiPho 光学エンジンを製造 タワーセミコンダクターの市場をリードするシリコンフォトニクステクノロジープラットフォームPH18を採用 400Gbps DR4トランシーバ向けに設計されており、データセンターアプリケーションで高速接続をサポート ミグダル ハエメク、イスラエル、およびフリーモント カリフォルニア州、2020年12月29日– 高付加価値のアナログ半導体ファンドリソリューションのリーダーであるタワーセミコンダクター(NASDAQ/TASE:TSEM) と高データレートシリコンフォトニクス光学エンジンチップのサプライヤーであるAlpine Optoelectronicsは、本日、Alpine Optoelectronicsがタワーセミコンダクターのシリコンフォトニクステクノロジープラットフォーム、PH18を用いた、400G PAM4nCP4™光学エンジンの製造を開始したことを発表しました。AlpineのnCP4™チップは、4レーンの56Gbaud電気入力を400Gbps DR4トランシーバで使用される4レーンの光出力に変換し、データセンターアプリケーションでの高速接続をサポートします。 Alpine OptoelectronicsのCEOであるDr.

Tower Semiconductor and GMEMS Announce the Ramp to Mass Production of MEMS Microphones Products
2020

タワーセミコンダクターとGMEMSがMEMSマイクロフォン製品の量産を発表

Home » Press Releases ※本リリースは2020年12 月21 日に発表されたリリースを翻訳したものです タワーセミコンダクターとGMEMSがMEMSマイクロフォン製品の量産を発表 タワーの200mm CMOS ファブの量産プロセスをベースに、GMEMS製品用にカスタム開発し、大量生産に対応したキャパシティ強化を実現 ミグダル ハエメク、イスラエル、およびカリフォルニア州 ミルピタス、2020年12月21日 –高付加価値のアナログ半導体ファンドリソリューションのリーダーであるタワーセミコンダクター(NASDAQ/TASE:TSEM)およびMEMS(Micro-Electro-Mechanical System)センサおよび電気通信産業向け製品のサプライヤーであるGMEMSは、本日、GMEMS製品向けにカスタム開発された、タワーの0.18umプロセスでGMEMのMEMSマイクロフォン製品の量産を発表しました。ワイヤレスイヤホンや携帯電話市場の急速な需要拡大に合わせて設計されたGMEMSの高度なマイクは、競合製品よりも大幅に小型のソリューションを提供します。タワーの高度な製造設備とプラットフォームを活用することで、大量生産と供給体制の保証が可能になり、急速に成長する市場の要求に応えることができます。 Yole Developmentによると、MEMSマイクロフォン市場は2019年の12億ドル(58億ユニット)から2024年には17億ドル(93億ユニット)に成長し、CAGRは6.6%になると予想されています。 GMEMS CEOのDr.Mark Wang氏は次のように述べています。「私たちは、高い性能が必要なマイク製品の製造能力を高めるためにタワーと提携してきたことに大変満足しています。タワーは優れた技術力で高い評価を得ており、先端技術プラットフォーム、そしてそのCMOSプロセスとの互換性によりMEMSを大量生産できる製造能力を保有していることから、我々はタワーを選びました。GMEMSの専門技術者とタワーの優れた研究開発チームとの共同開発により、製品の安定した大量生産に成功し、次世代マイクの開発に向けたロードマップを設定することができました。」 非常に小さなダイサイズに加えて、タワーのプロセスは、MEMSマイクロフォン市場の要求、特にモバイル機器に対応する際に重要な、高いダイナミックレンジと高いSNR(Signal to Noise Ratio) など、MEMSマイクロフォンにとって、多くの利点を提供します。

About TowerJazz

Tower Semiconductor Ltd. (NASDAQ: TSEM, TASE: TSEM) and its subsidiaries operate collectively under the brand name TowerJazz, the global specialty foundry leader. TowerJazz manufactures next-generation integrated circuits (ICs) in growing markets such as consumer, industrial, automotive, medical and aerospace and defense. TowerJazz’s advanced technology is comprised of a broad range of customizable process platforms such as: SiGe, BiCMOS, mixed-signal/CMOS, RF CMOS, CMOS image sensor, integrated power management (BCD and 700V), and MEMS. TowerJazz also provides world-class design enablement for a quick and accurate design cycle as well as Transfer Optimization and development Process Services (TOPS) to IDMs and fabless companies that need to expand capacity.

To provide multi-fab sourcing and extended capacity for its customers, TowerJazz operates two manufacturing facilities in Israel (150mm and 200mm), two in the U.S. (200mm) and three facilities in Japan (two 200mm and one 300mm). For more information, please visit www.towersemi.com.

Answers to frequently asked questions about TowerJazz.

Facts about TowerJazz technology, design enablement, facilities, customers and history.

TowerJazz PDK Design Analog

Schedule an interview with a technical or company expert.