MEDIA ROOM

Press Releases | Company Info | Images | Videos | Branding | Media Contacts

Press Releases

タワージャズと韓国電気研究院(KERI)がタワージャズの先端0.18um SOIパワープラットフォームでゲートドライバICの試作開始を発表

Home » Press Releases *2018 年 12 月 3 日に発表されたプレスリリースの抄訳です タワージャズと韓国電気研究院(KERI)がタワージャズの先端0.18um SOIパワープラットフォームでゲートドライバICの試作開始を発表 白物家電、電気自動車用アプリケーション向けSiC MOSFET専用の高温、高電圧ゲートドライバIC イスラエル、 ミグダル ハエメクおよび韓国、チャンウォン、2018年12月3日 – グローバルスペシャルティファンドリリーダーのタワージャズは本日、先端技術を用いてパワーおよびエネルギー分野のICやシステム開発を専門とする韓国の政府研究機関である韓国電気研究院(KERI)が、タワージャズの先進のパワーSOI 0.18umプラットフォームを用いたゲートドライバICの試作を開始したことを発表しました。これらのゲートドライバICは、高い電力効率と高い電力密度を伴う電力変換器やインバータが必要な、白物家電、電気自動車などの高温、高電圧用途に適しています。 KERIのゲートドライバICは、高速動作(500kHz)と新たに追加されたショート保護機能を実現したことで、IGBT/SiC MOSFET製品よりも効率的なソリューションになると期待されています。 KERIは単一SiC MOSFETの試作品を完成させ、SiC MOSFETとゲートドライバICの両方を最適化したセットとして提供することでお客様に利点をもたらすことができると期待しています。 タワージャズの200V パワーSOI

Read More »
TowerJazz Laddertech

レダーテックが次世代車載向けLiDARにタワージャズの0.18um CIS SPAD技術を採用

Home » Press Releases *2018 年11 月6日に発表されたプレスリリースの抄訳です レダーテックが次世代車載向けLiDARにタワージャズの0.18um CIS SPAD技術を採用 CMOS、CIS、SPADを一チップに統合し、自動運転やADAS分野のお客様に高いパフォーマンスを提供しつつシリコンやコストを削減 イスラエル ミグダルハエメク およびカナダ ケベックシティ、2018年11月6日 – グローバルスペシャルティファンドリリーダーのタワージャズと、拡張性に優れ、使いやすい車載用LiDAR(光検出および測距)開発プラットフォームの業界リーダーであるレダーテックは本日、CMOS、イメージセンサ、SPADを同一チップ上で組み合わせたタワージャズの0.18um CMOSイメージセンサ(CIS)SPAD(単一光子アバランシェフォトダイオード)プロセスがレダーテックの次世代車載向けLiDARソリューションに採用されたことを発表しました。タワージャズのプロセスは高PDE(光子検出効率)、高温にも対応する低DCR(暗計数率)、超低ジッタというクラス最高レベルの性能指数を可能にし、世界で最も優れた組み込みSPADを実現します。 タワージャズの0.18um CIS SPADプラットフォームは卓越した性能指数を有する統合ソリューションを提供します。そのPDEは市場における主要なスタンドアロンのSPADと同等あるいはさらに優れています。また、DCRは60℃で100Hz未満、100℃でも1kHz未満で(特に車載アプリケーションに有効)、ジッタは1ナノ秒未満です。この優れたプラットフォームはシリコンの節約にもなり、結果として量産コストを削減します。 レダーテックのLiDARソリューションによって自動車にアクティブセーフティシステムと半自律運転機能を備えることができ、完全な自動運転への道を開きます。LiDARは、レーダーの原理に基づいて動作するもののレーザーによる光を利用する検知システムで、遠距離でも高解像度での検出が可能なため自動運転に不可欠なものと考えられています。調査会社のIHS Markitによれば、車載向けLiDAR半導体の市場規模は2026年には18億ドルに達し、2018年から2026年までの年間平均成長率は37%になると予測しています。レダーテックのSoCはTier1ベンダーが極めて競争力の高い価格で量産することが可能であり、OEM各社の要件に合わせてカスタマイズされたLiDARシステムを供給します。 タワージャズはマーケットリーダーとの緊密なパートナーシップやロードマップのすり合わせ、そして世界レベルのグローバルカスタマーサービスを通じて開発されるクラス最高のテクノロジーソリューションを提供し、ADASや自動運転の要件を満たすために必要な車載向け半導体コンテンツの急速な拡大に対応しています。常にお客様に柔軟な供給や生産能力を提供できるよう、タワージャズは主要なプロセスについては地理的に離れた少なくとも2つの工場で品質認証を取得しています。 レダーテックの社長兼COOであるFrantz Saintellemy氏は次のように述べています。「当社がタワージャズを選択した理由は技術的知識の深さ、柔軟性の高さ、カスタマイズ能力、そして最高の組み込み技術を有しているからです。タワージャズとの密接な連携によって当社はより迅速にLiDARプラットフォームを市場に投入し、差別化された優れた車載向けLiDAR機能を開発しようというTier1企業に対して他にはない価値ある提案をすることができます」

Read More »
Tower Semiconductor to Hold its 2021 Annual Technical Global Symposium Online Event
2021

タワーセミコンダクター、テクニカルグローバルシンポジウム 2021のオンライン開催を発表

Home » Press Releases ※本リリースは2021年10月13 日に発表されたリリースを翻訳したものです タワーセミコンダクター、テクニカルグローバルシンポジウム 2021のオンライン開催を発表  高度なアナログ技術と製造ソリューションに基づくリーダーシップと通信、自動車、医療、AI、先端ディスプレイ、産業市場での高まるニーズに対応したテクノロジーソリューションと開発ロードマップを紹介 イスラエル、ミグダル ハエメク、2021年10月13日 – 高付加価値アナログ半導体ファンドリソリューションのリーダーであるタワーセミコンダクター(NASDAQ/TASE:TSEM)は、本日、2021年のテクニカルグローバルシンポジウムのオンライン開催を発表しました。このイベントでは、タワーの経営陣が、現在、そして将来高まる市場ニーズに基づく最新のイノベーションと開発ロードマップを含むRF & ハイパフォーマンスアナログ、パワーマネジメント、センサなど先端のアナログテクノロジープラットフォームについての概要を紹介します。また、同社のグローバルな製造能力、ソリューション、キャパシティ増強プログラムについても紹介します。 開催日時: 2021年11月16日 – USA session , 9am Pacific  2021年11月17日 – Europe/APAC session,

Tower Semiconductor Announces Breakthrough LiDAR Technology for Advanced Driver-Assistance Systems
2021

タワーセミコンダクター、先進運転支援システムのための画期的なLIDAR技術を発表

Home » Press Releases ※本リリースは2021年9月13 日に発表されたリリースを翻訳したものです タワーセミコンダクター、先進運転支援システムのための画期的なLIDAR技術を発表 タワーの先進のSiPhoテクノロジープラットフォームを活用した革新的技術により、卓越した性能を持つ電気的にスキャン可能な小型ソリッドステートLiDARを提供 カリフォルニア州、ニューポートビーチ – 2021年9月13日– 高付加価値アナログ半導体ファンドリソリューションのリーダーであるタワーセミコンダクター(NASDAQ/TASE:TSEM)は、本日、先進運転支援システム(ADAS)や究極の自動運転車向けに設計されたLiDAR IC技術の画期的な開発を発表しました。この新しく革新的なICは、SungWon Chung氏が率いる南カリフォルニア大学電子コンピュータ工学の研究者が設計、業界トップクラスのタワーセミコンダクターのオープンファンドリシリコンフォトニクスプラットフォームを用いて製造されました。シリコンチップ上に数百の小型光学アンテナからなる光フェーズドアレイアンテナと振幅、位相変調器を備え、可動部品を必要とせずに周囲環境の正確な3Dイメージングが可能になります。さらに、視野、解像度、スキャンパターン、スキャン速度はすべてプログラム可能で、このシステムを備えた車は、現実の様々なケースにより的確に対応できるようになります。 タワーセミコンダクターのPH18 シリコンフォトニクスプラットフォームは、非常に多くの光学素子を提供します。例えば、データセンターや光通信インフラ市場のニーズに応える超高帯域幅変調器、光検出器などです。また、このプラットフォームは、高精度LiDARアプリケーションに必要な高性能素子、例えばより大きな光パワーを処理できる低損失シリコン窒化膜導波路などを提供します。 人の目に優しい1550nmの波長で動作するLiDAR ICは、連続波周波数変調(FMCW)を用いているため、混雑した走行環境における環境の明るさや他のLiDARからの干渉に対する耐性を高めます。 タワーセミコンダクターRF&HPA技術開発ダイレクターのDr. Ed Preislerは次のように述べています。「革新的で将来の礎となるLiDARのブレークスルー技術に一緒に取り組めることを誇りに思います。この技術は安全な自動運転車やロボットを実現するための一歩となります。タワーは、この科学研究でのブレークスルーを通してのみ、明日のエンジニアリングソリューションを獲得できると考えています。」 この研究は、2021年のIEEE International Solid-State Circuits Conference

Tower Semiconductor and Quintessent Announce Partnership to Create Foundry Silicon Photonics Platform with Integrated Quantum Dot Laser
2021

タワーセミコンダクターとQuintessentが統合型量子ドットレーザを用いたファンドリシリコンフォトニクスプラットフォーム開発のためのパートナーシップを発表

Home » Press Releases ※本リリースは2021年9月2 日に発表されたリリースを翻訳したものです タワーセミコンダクターとQuintessentが統合型量子ドットレーザを用いたファンドリシリコンフォトニクスプラットフォーム開発のためのパートナーシップを発表 人工知能/機械学習(AI/ML)および分散型コンピューティング(データセンター)向けの光接続に対応する新機能 イスラエル ミグダル ハエメクおよび米国、カリフォルニア州 サンタバーバラ -2021年9月2日– 高付加価値のアナログ半導体ファンドリソリューションのリーダーであるタワーセミコンダクター(NASDAQ/TASE:TSEM)とレーザー統合型シリコンフォトニクスICのリーダーであるQuintessentは本日、人工知能/機械学習および分散型コンピューティング(データセンター)における光接続市場に向けた、世界初の統合型量子ドットレーザを用いたシリコンフォトニクス(SiPho)プロセスを共同開発することを発表しました。市場調査会社Yoleによると、データセンター向けのシリコンフォトニクストランシーバ市場は、CAGR40%で急速に成長し、2025年には35億ドルに達すると予測されています。 この新しいファンドリプロセスは、タワーの業界をリードするシリコンフォトニクスプラットフォームPH18 をベースに、QuintessentのIII-V量子ドットベースのレーザーと光増幅器を追加して、一連のアクティブおよびパッシブ-シリコン・フォトニクス素子の完全な組み合わせを実現し、その性能は標準的なファンドリシリコンフォトニクスプロセスにおける業界初の統合型光学利点を実証します。。最初のプロセス デザイン キット(PDK)の提供は2021年に予定されており、その後2022年にシャトルサービス(MPW)が予定されています。 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)教授でQuintessentの共同創設者であるDr.John Bowers氏は次のように述べています。「Quintessentとタワーは、この取り組みにより統合型シリコンフォトニクスのフロンティアを再定義しています。私は、量子ドット材料独自の利点を生かしたシリコン上の最新の高性能レーザーと光集積回路の展望に非常に期待しています。」 回路素子レベルでのシリコンフォトニクスとレーザーおよび増幅器を統合することにより、全体的な電力効率を改善し、オンチップ損失バジェットなどの従来の設計上の制約がなくなり、パッケージングが簡素化され、新しい製品アーキテクチャや機能を実現します。例えば、統合型レーザーを備えたシリコンフォトニクストランシーバーやセンサ製品は、チップレベルまたはウェハーレベルで完全なセルフテストが可能です。これらのメリットは、半導体量子ドットをアクティブな光ゲイン媒体として採用することによってさらに強化され、これにより、より高い信頼性、低ノイズ、より高温で効率的に動作するデバイスが実現します。 タワーセミコンダクターのエグゼクティブディレクター、フェローのDr. David Howardは次のように述べています。「III-Vレーザーダイオードを当社のシリコンフォトニクスプラットフォームに採用することで、シングルチップフォトニクス集積回路(PIC)設計が可能になります。つまり、III-V族量子ドット増幅器とレーザー、タワーのシリコンフォトニクスパッシブ素子とアクティブ素子の両方が、単一のMPWチップランを通してファンドリによって提供できることを意味します。 Quintessentの共同創設者兼CEOであるDr. AlanLiuは次のように述べています。「私たちは、量子ドットゲイン機能をタワーの実績のあるシリコンフォトニクスプロセスと組み合わせることで、革新的な新機能を実現できることを嬉しく思います。 このプラットフォームは、他のアプリケーションの中でもとりわけ、AIトレーニングシステムや分散型コンピューティングを制限する接続のボトルネックを解決する大きな可能性を秘めています。」

About TowerJazz

Tower Semiconductor Ltd. (NASDAQ: TSEM, TASE: TSEM) and its subsidiaries operate collectively under the brand name TowerJazz, the global specialty foundry leader. TowerJazz manufactures next-generation integrated circuits (ICs) in growing markets such as consumer, industrial, automotive, medical and aerospace and defense. TowerJazz’s advanced technology is comprised of a broad range of customizable process platforms such as: SiGe, BiCMOS, mixed-signal/CMOS, RF CMOS, CMOS image sensor, integrated power management (BCD and 700V), and MEMS. TowerJazz also provides world-class design enablement for a quick and accurate design cycle as well as Transfer Optimization and development Process Services (TOPS) to IDMs and fabless companies that need to expand capacity.

To provide multi-fab sourcing and extended capacity for its customers, TowerJazz operates two manufacturing facilities in Israel (150mm and 200mm), two in the U.S. (200mm) and three facilities in Japan (two 200mm and one 300mm). For more information, please visit www.towersemi.com.

Answers to frequently asked questions about TowerJazz.

Facts about TowerJazz technology, design enablement, facilities, customers and history.

TowerJazz PDK Design Analog

Schedule an interview with a technical or company expert.