In The News

Jono Keiji

城野 圭司  TPSCo 最高経営責任者 半導体業界において様々なマネジメント職を歴任。アメリカのマイクロンテクノロジー本社でEXPATとして約2年間グローバルセントラルエンジニアリングマネジャーを務めた。2011年から約3年間タワージャズジャパンのファブマネジャー、2014年からタワージャズ社ニューポートビーチサイトのオペレーション・バイスプレジデントを務める。その後、マイクロンメモリジャパン(旧Elpida)のファブマニュファクチャリングシニアディレクターを務め、2019年1月よりタワーパートナーセミコンダクター TPSCo(旧タワージャズパナソニックセミコンダクター)でオペレーショナル・エクセレンス・バイスプレジデントを務めた後、2019年12月より現職に就任。  九州大学工学部冶金学科で学士号、神戸大学でMBAを取得。 Back to Management

Read More »
Tower Semiconductor and Cadence Expand Collaboration to Accelerate Automotive IC Development

タワーセミコンダクターとケイデンスが連携を拡大、車載用ICの開発を加速

Home » Press Releases ※本リリースは2022年7月14日に発表されたリリースを訳したものです タワーセミコンダクターとケイデンスが連携を拡大、車載用ICの開発を加速 ハイライト: • コストや性能を最適化し差別化されたお客様のIC設計を可能とするコラボレーション • チップとパッケージの協調設計とシミュレーションを統合した設計環境を提供する車載用リファレンスフローを開発 カリフォルニア州 サンノゼおよびイスラエル、ミグダル ハエメク、2022年7月14日–ケイデンス  デザイン システムズ( NASDAQ:CDNS)と高付加価値アナログ半導体ソリューションのリーディングファンドリであるタワーセミコンダクター(NASDAQ/TASE:TSEM)は、本日、車載およびモバイルIC開発を促進するためのコラボレーションを発表しました。このコラボレーションを通じて、両社は、Cadence®Virtuoso®Design PlatformとSpectre®Simulation Platformを使用した新しい、包括的な車載用リファレンスデザインフローを開発し、お客様の高速なデザインサイクルと高度な車載用IC製品開発のための包括的なデザイン検証の両立をサポートします。 車載用IC特有の設計課題と解析特性には、厳しいISO26262仕様を満たすために、慎重に作り込まれた技術と方法論の組み合わせが必要になります。ケイデンスとタワーのテクノロジーを組み合わせることで、両社のお客様は車載用設計目標を満たし、より迅速にISO26262認証を実現することができます。 ケイデンスのプレジデント兼CEOのDr.Anirudh Devgan氏は次のように述べています。「ケイデンスとタワーは長年にわたり連携し、お客様の先進的な製品開発に役立つRFとシリコンフォトニクスのソリューションを提供してきました。我々の車載向けリファレンスフロー開発では、お客様が重要な自動車用ICを開発できるようにすることに重点を置いています。オールケイデンスのツールセットとタワーリファレンスデザインを使用した統合ワークフローを活用することにより、お客様は競争力のある製品をより早く開発することができるのです。」 タワーセミコンダクターのCEOであるRussell Ellwangerは次のように述べています。「ケイデンスとの長期的なパートナーシップとコラボレーションにより、パッケージと共に最適設計された革新的なアナログICの開発を可能にする最先端のデザインツールを継続的に提供することが可能になりました。この新しいリファレンスフローは、車載市場の高い品質と信頼性の要求に応える高性能ICの開発と製造のための機能的なツールセットをお客様に提供し、お客様の現在と将来のニーズに十分に対応する先進技術ソリューションを提供するという強力なコミットメントの新たな証です。」 タワーセミコンダクターは、自動車市場に対応する高度なアナログテクノロジープラットフォームを幅広く提供しています。これには、ADASシステム用のイメージセンサ、RF、SiPho、複数の特定用途向けIC用のミックスドシグナルや先端アナログ、バッテリマネジメントシステム、モータードライバ、車載用充電器、急成長するEV市場向けのバッテリー管理システムを可能にするパワーマネジメントプラットフォームなどが含まれます。新しいリファレンスフローにより、同社の包括的な車載向け製品をさらに強固なものにします。 ケイデンスとタワーのコラボレーションは、車載用SoC設計と、より幅広いCadence

Read More »